スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<皇太子さま>雅子さまは「着実に快復へ」50歳会見(3)(毎日新聞)

 問3 皇太子妃雅子さまが、病気療養に入られてから今年で7年目となります。昨年は天皇、皇后両陛下のご結婚50年、ご即位20年をお祝いするさまざまな行事に出席され、先月には阪神・淡路大震災の追悼式典参列のため、2年ぶりに泊まりがけの地方公務に臨まれました。先日、発表された東宮職医師団の見解では、妃殿下にとって、ライフワークにつながる活動を見つける時間を十分にとることや、今後のご活動の適正な配分について慎重に検討するよう求めています。また、私的な海外訪問の検討が必要だとも記されていますが、殿下はこれらの指摘に対し、どのようにお考えでしょうか。現在の妃殿下のご様子も含めてお聞かせください。

 皇太子さま 雅子の病状については、先日発表の東宮職医師団の見解に述べられている通り、5年半前の治療開始のころに比べて着実に快復に向かっており、温かく見守ってくださっている天皇、皇后両陛下、そして多くの国民の皆様に感謝しております。また、私も間近で見ていて、雅子の一生懸命努力している様子や、良くなってきている様子がよく分かります。しかし、そうはいっても、まだ治療を必要とする状況であることには変わりありませんので、私としてはお医者様の指摘を踏まえながら、さらなる快復に向けて支えて行くつもりです。

 ライフワークにつながる活動を見つけるのは簡単なことではないと思いますので、焦ることなく、時間をかけて見つけていってほしいと思っています。そのためには、本人が余裕が感じられるような環境が大切で、そうした環境づくりに私もできるだけ協力していきたいと考えております。外国訪問については、今回の医師団の見解を踏まえて、どのような機会があり得るのか、周囲の人たちとも相談しながら、雅子とともに考えていきたいと思っています。

<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
<鳩山首相>公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
豪外相「調査捕鯨やめないと国際司法裁に提訴」(読売新聞)
郵政各社、将来は株式公開=原口総務相(時事通信)
スポンサーサイト

入試欠席者に合格通知、龍谷大がミス(読売新聞)

 龍谷大(京都市伏見区)は22日、1月の入試の欠席者1人に誤って合格通知書を送付したと発表した。

 欠席者の席に別の受験生が間違えて座り、その席の受験番号を解答用紙に記入したのが原因。同大学はこの受験生を合格とした。

 同大学によると、1月24日にあった社会学部の一般入試A日程で、席を間違えた受験生が、3科目とも机上の6けたの受験番号をマークシート式解答用紙に塗った。試験会場では監督の職員が手元の資料にある顔写真と受験生の顔を照合していたが、別人と気づかず、採点は解答用紙の受験番号をもとに行ったという。

 答案は合格ラインに達しており、欠席者に合格通知が届いてミスが判明。監督の職員1人を厳重注意した。

 同学部の一般入試A日程では四つの試験方式が選べ、欠席者は二つの受験方式で合格したことになっていたため、それぞれの方式で1人ずつを追加合格とした。

 同大学は「受験生や家族にご迷惑をおかけし、心からおわびする。受験票の数字を大きくするなど、照合作業がしやすいよう見直しを図る」としている。

クルーズ船 世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
<首都圏・雪>早大入試にも影響(毎日新聞)
男児暴行死の父、強盗事件で逮捕=880万円奪った疑い-静岡県警(時事通信)
諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相(時事通信)
自民が審議復帰を決定、3日ぶり国会正常化(読売新聞)

<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)

 23日午後7時10分ごろ、三重県伊勢市藤里町の伊勢自動車道下り線で、伊勢方面へ走行中の同県鳥羽市高丘町、無職、橋爪博道さん(69)運転の乗用車と逆走してきた岐阜県御嵩町の会社員、浜地武蔵さん(28)運転の軽乗用車が衝突。橋爪さんの後部座席に同乗の妻八重子さん(71)が頭を強く打ち約1時間後に死亡、橋爪さんと浜地さんは胸や足の骨を折る重傷を負った。

 県警高速隊によると、現場は伊勢西インターチェンジ(IC)料金所の北約800メートル。軽乗用車が片側2車線の道路を何らかの理由でUターンしたとみて調べている。玉城IC-伊勢西IC間が午後7時50分から2時間20分、通行止めになった。【木村文彦】

【関連ニュース】
ひき逃げ容疑:23歳男を逮捕 岐阜・羽島で82歳死亡
交通事故:大型トラックが正面衝突 軽の3人死亡 広島
ひき逃げ:道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡
飲酒運転理由:元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁
ひき逃げ:ペルー人女性死亡 千葉・成田

<112番元素>命名「コペルニシウム」…寿命1千分の1秒(毎日新聞)
<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
NHK職員、夜勤出勤途中に渋谷駅改札エスカレーターで盗撮(スポーツ報知)
被害相談の女性にわいせつ行為、警部補逮捕(読売新聞)
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し-東京地検(時事通信)

地上へ一筋の光 ISSからシャトル帰還を撮影(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)で暮らす野口聡一さん(44)が22日、米スペースシャトル「エンデバー」が地上に帰還するため大気圏に再突入した様子をISSから撮影した写真を、自身のツイッターに掲載した。

 写真では、音速をはるかに超える速度のエンデバーが大気との摩擦で高温に熱せられ、一筋の光となって降下する姿が鮮明にとらえられている。この後、エンデバーは無事に米航空宇宙局ケネディ宇宙センター(フロリダ州)へと着陸した。

 ISSから目撃した野口さんはツイッターで「まさにこの世のものとは思えないような絶景でした」と報告した。

【関連記事】
野口さん宇宙で五輪にかじりつき
オバマ米大統領が「宇宙」と交信 野口さんも参加
山崎さん搭乗のシャトル 4月に打ち上げ延期
ニコ動がスペースシャトル打ち上げ生放送
ハバナに刻まれた毛利さんの名前 プラネタリウムでプレート除幕式

JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念(産経新聞)
<アホウドリ>土砂崩れでヒナ死ぬ 伊豆諸島・鳥島(毎日新聞)
理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装-千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)
追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年(産経新聞)

町田市長選 自公支援の石阪氏が再選(産経新聞)

 任期満了に伴う東京都町田市長選は21日、投開票が行われ、無所属現職で自民、公明が支援する石阪丈一氏(62)が、無所属新人の元大学教授、秋山哲男氏(61)=民主、社民、国民新推薦=ら4人を破り、再選を果たした。投票率は50・02%。

 与野党対決の構図となり、夏の参院選を前に、自民と民主は国政選挙並みの態勢で臨んだ。町田市は、菅直人副総理・財務相の影響力が強いとされるが、鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題への逆風が響いた。

 自民は、石原伸晃都連会長ら東京選出の国会議員が街頭演説で、鳩山政権の「政治とカネ」を追及。石阪氏は、1期目の実績と行財政改革の継続を主張した。民主は、小沢氏や菅氏らが現地入りしてテコ入れしたが、支持を拡大できなかった。

【関連:長崎知事選でも民主敗北】
長崎知事選 自公系の中村氏が初当選
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
自民、「政治とカネ」で攻勢へ 22日から審議拒否
野党支持層固めた中村氏 無党派も36%取り込む
負けたら小沢進退問題 民主、地方選でなりふり構わぬ異例人事

雑記帳 元ラブホテルをネット公売…愛媛県(毎日新聞)
<国家戦略室>予算監視チームを各省に設置要請(毎日新聞)
夫婦別姓「前から賛成」=鳩山首相(時事通信)
首相動静(2月15日)(時事通信)
<裁判員裁判>手錠と腰縄「ショック」 判決後会見(毎日新聞)

【近ごろ都に流行るもの】母性への共感 ゆるぎない絆と生命力(産経新聞)

 子供への虐待事件が相次ぐ社会への、危機感の反動なのだろうか? 素朴な母子愛を表現した作品が共感を集めている。

                   ◇

 モノクロームの光と影に浮かびあがる裸のお母さんと赤ちゃんの姿は、究極の相思相愛だ。たくましい生命力と母子の絆(きずな)が圧倒的な存在感で迫る。高橋コレクション日比谷(東京都千代田区)で開かれている「至上ノ愛像」展(一般300円、4月4日まで)。アラーキーこと荒木経惟さんが撮影した母子ヌード写真が評判だ。

 「子供を産んだお母さんの誇らしさと、赤ちゃんの安心した表情がいい。子にとって母親は絶対の存在。特に男にとっては初めての異性でもあり愛情の原点。自分の母のことを思いだした」とは、見入っていた男性会社員(56)。

 「20日間で900人近く来場されています、40代以上の男性が圧倒的に多い」とスタッフの市川千鶴さん。「『これ以上ない幸せな顔だね』などと感想を告げて帰られる方が何人もいて、写真を前に涙を流す方など、熱い反応が目立ちます」と反響に驚いている。

 現代美術コレクターとして知られる精神科医・高橋龍太郎氏の所蔵品を展示するギャラリー。今回は荒木さんの写真20点と、「スフィンクス」シリーズで知られる舟越桂さんの彫刻2点を展示するコラボ展だ。

 母子の写真は特別展示。熊本市現代美術館の個展で地元の母子を一般公募で撮影したもの。荒木さんは「裸になった母と息子を見てこれが頂点だって確信した。母子像は幸せの、芸術の頂点」と話す。さらに、「舟越さんの神聖な彫刻と一緒ならアタシも照れずにコレを出したい。あからさまな幸福、家族がよりそう大切さ、母性の尊さを見せたいって思った。個人主義の時代だけど、人は一人じゃ幸せになれないんだから」。

 荒木さんは前立腺がんをわずらい、昨年末に生前遺作を発表したばかりだが、「輪廻(りんね)つうんじゃないけど、死からまた新しい生が始まる予感がある。母子像は復活の象徴だからね」。原始的な命のパワーを吹き込まれる展覧会だ。

                   ◇

 厚生労働省によると、昨年度の児童虐待相談対応件数は4万2664件と過去最高を記録。虐待者の6割以上が実母である。

 「親子の愛がゆるぎないものではなくなっている。現実の危機感の反映として、母性愛に満ちた作品にひかれたり、癒されたりする側面は大いにある」と指摘するのは、家族問題に詳しいジャーナリスト・石川結貴さん。

 「モンスターマザー」「暴走育児」などの著書で、崩壊する母親をルポルタージュしてきた石川さんは昨秋、短編小説集「母と子の絆」(洋泉社)を出版した。過激なルポとは対照的に、地味ながら親子の情愛に満ちた物語。いちずに母を慕う子、子のためにけなげに頑張る母を描いている。2人の男児を育てあげ、専業主婦から転身した石川さんは、「メソメソしたりもするけど、いざというときは踏ん張る。素朴でどこにでもいる母を書きたかった」という。

 ネット書店アマゾンの顧客レビューでは平均5つ星の高評価。石川さんのもとには過去に取材した母親から「読んで生まれ変わりたくなった」と、涙の改心宣言電話もあったそうだ。

 「今の母親は、他人の目や自分自身への自己愛に翻弄(ほんろう)されている。子は授かり物、そう思うだけで、子育てはシンプルでやさしくなるのに」と石川さん。

 母性は本能。その姿にひかれるのも生き物としての自然の本能なのだろう。社会が複雑化し母性がゆらぐ時代だからこそ、ゆるぎない母子愛の表出が力強くまぶしく見える。(重松明子)

<五輪スピード>「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)
日本にマイナスではない=米利上げで円安進行-菅財務相(時事通信)
<北教組違法献金事件>小林議員の関与を会計担当者が否定(毎日新聞)
消費税4年間は上げず=鳩山首相(時事通信)
<訃報>山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)

<安保防衛懇>メンバー発表…18日に初会合(毎日新聞)

 政府は16日、年末に予定している「防衛計画の大綱」(防衛大綱)の改定に向けた「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」のメンバーを発表した。座長に佐藤茂雄(しげたか)・京阪電気鉄道最高経営責任者(CEO)を起用。佐藤氏を含む11人で構成する。自公政権下で設置された懇談会のメンバーも入り、政権交代による方向転換を感じさせない人選となった。18日に初会合を開く。

 座長の佐藤氏は平野博文官房長官の意向で起用されたが、麻生前内閣の「安全保障と防衛力に関する懇談会」委員だった中西寛・京大大学院教授、専門委員だった加藤良三前駐米大使も「再任」。安倍、福田両内閣で「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の委員だった岩間陽子・政策研究大学院大学教授も選ばれた。ほかのメンバーは以下の通り。

 白石隆・日本貿易振興機構アジア経済研究所所長▽添谷芳秀・慶大教授▽広瀬崇子・専修大教授▽松田康博・東大准教授▽山本正・日本国際交流センター理事長(以上委員)

 ▽伊藤康成・元防衛事務次官▽斎藤隆・前統合幕僚長(以上専門委員)【仙石恭】

【関連ニュース】
プロ野球:国際野球連盟会長がNPBコミッショナーと会談
オリックス:コミッショナー「誠に残念」小瀬外野手転落死
プロ野球:公認球統一へ 8月めどにメーカー1社に
五輪野球:雨で練習試合中止 西岡、川崎が復帰
花巻東・菊池投手:戦略変えず済んだ…10球団が指名方針

10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
<里山>開発計画の会社、名古屋市を提訴…5億円支払い求め(毎日新聞)
「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)
混迷深まる普天間移設 各党案提示を先送り(産経新聞)
「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経新聞)

<麻薬譲渡>「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める(毎日新聞)

 元俳優の押尾学被告(31)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=に合成麻薬MDMAを譲り渡したとして、麻薬取締法違反(譲渡)に問われた友人の会社役員、泉田勇介被告(31)は19日、東京地裁(田村政喜裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。被告人質問で「押尾被告は事実をありのまま話し、罪を償ってほしい」と述べた。検察側が懲役1年6月を求刑して公判は即日結審、判決は3月12日。

 検察側は冒頭陳述などで、MDMAを「アミノ酸」と呼んでいた押尾被告が09年7月30日、泉田被告に「アミノ酸ある?」と携帯メールを送り、31日に約10錠を譲り受けたと指摘。押尾被告は8月2日、泉田被告から入手した空カプセルに砕いたMDMA粉末を入れるなどし、知人の飲食店従業員、田中香織さん(当時30歳)に渡して一緒に飲んだと主張した。

 田中さんは中毒死し、電話で駆け付けた泉田被告が救急車を呼んでいない理由を尋ねると、押尾被告は「おれもだいぶ(薬を体に)入れてるから」と答えたと主張。泉田被告はMDMAの処分を頼まれ、ごみ捨て場に捨てたと指摘した。

 また検察側は、押尾被告からMDMAをもらって服用した女性2人の調書も朗読した。

 押尾被告は適切な救命措置を取らずに田中さんを死亡させたなどとして起訴され、3月5日に第1回公判前整理手続きが行われる。押尾被告は無罪を主張する方針。【安高晋】

【関連ニュース】
神奈川県警:「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ
密輸容疑:中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
覚せい剤:病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警
覚せい剤:末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕

【from Editor】「一票の格差」なくすには(産経新聞)
<伊丹空港>「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言(毎日新聞)
山本病院 死亡患者だけ執刀 理事長「簡単な手術や」(産経新聞)
小沢幹事長「検察捜査に勝るものない」 不起訴受け強気一辺倒(産経新聞)
日本最高6.45mのひな壇飾り 埼玉・鴻巣(産経新聞)

関東甲信、12日明け方にかけ大雪の恐れ(読売新聞)

 前線を伴った低気圧の影響で、関東甲信地方は、11日夜から12日明け方にかけて広い範囲で雪が降り、北部を中心に大雪になるおそれが出ている。

 南部の平野部でも積雪になると見られ、気象庁は、雪による交通機関の乱れや路面の凍結などに注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、12日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで長野県30センチ、関東地方北部山沿い20~30センチ、関東地方北部平野部や神奈川県西部8~15センチ、東京都多摩地区や埼玉県北部5センチなどとなっている。

韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)
<留萌市長選>高橋定敏氏が無投票で再選(毎日新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
北海道教職員組合を捜索=民主・小林議員に選挙資金-規正法違反容疑・札幌地検(時事通信)
<首里城花まつり>9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)

<金元死刑囚>めぐみさんに「会った」と証言 日本政府に(毎日新聞)

 大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚が、昨年訪韓した日本政府関係者に北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんに「会ったことがある」と証言していることが分かった。中井洽拉致問題担当相が17日、拉致問題関係政策会議で明らかにした。これまで金元死刑囚の韓国誌のインタビューなど、間接情報しかなかったが、政府当局者が証言を認めるのは初めて。

 複数の出席議員によると、中井担当相は金元死刑囚が横田さんに会ったことがあると証言したことなどから、「日本に招致して話を聞く意義がある」と発言、韓国側と交渉していることを明らかにした。中井担当相は金元死刑囚の証言をまとめた報告書について、最近まで聞かされていなかったという。【長野宏美】

【関連ニュース】
平野官房長官:こっそり東京離れる…危機管理担当で異例
時効廃止:中井国家公安委員長 支持する意向を表明
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症
国家公安委員長:マスコミを批判
可視化法案:今国会提出「難しい」…千葉法相ら

放射冷却で冷え込み、今週中は厳しい寒さ予想(読売新聞)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
厚労省元部長が証言翻す 郵便不正、民主議員の口利き「なかった」(産経新聞)

<脱税容疑>ペット業者が5000万円 ネットで販売展開(毎日新聞)

 インターネットでペットを販売する「Coo&RIKU(クーアンドリク)」(東京都足立区)が約1億8000万円の法人所得を隠し、法人税約5000万円を脱税した疑いがあるとして、同社と大久保浩之社長(31)が東京国税局から法人税法違反容疑で東京地検に告発されたことが分かった。

 関係者や同社ホームページなどによると、同社は全国三十数カ所でペットショップを経営するとともにインターネットで犬や猫を販売し、航空機やトラックで顧客に配送。こうした売上金の一部を除外して05~07年の3年間で法人税約5000万円を免れた疑いがある。同社は毎日新聞の取材に「検察の調べがある可能性があり、今の段階では答えられない」と話すが、既に修正申告したとされる。

 民間信用調査会社などによると、同社は大久保社長が99年に埼玉県草加市に開設したペットショップが前身。ペットの写真と値段をネット上に掲載するなどして売り上げを伸ばし、06年の売上高は19億6000万円。

 ペットのネット販売を巡っては、動物愛護団体などが「生きている動物の販売方法として適切ではない」として購入しないように呼び掛けるキャンペーンを展開している。【石丸整】

【関連ニュース】
GWG買収:韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検
防衛脱税事件:秋山被告の公判が結審 3月29日に判決
旧GWG:企業買収の仲介脱税事件 公認会計士逮捕へ
ビル売却脱税:暴力団組長を起訴 東京地検特捜部
脱税:容疑の社長ら逮捕…名古屋地検

ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
シャトル 山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)
<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
<年金事務費>保険費からの「流用」4年でゼロに…厚労相(毎日新聞)

高橋伴明監督、立松氏死去に「いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人」(産経新聞)

 連合赤軍をテーマにした立松和平氏の小説『光の雨』を映画化した高橋伴明監督の話「突然の悲報に非常にショック。早大の先輩後輩として長い付き合いだが、人の悪口を言うのを聞いたことがないし、自分が批判されても決して相手を責めない人。いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人。最近は温泉と俳句を楽しむ中で、会うと仏教の話を2人でよくしていた。『100の山を登るんだ』と張り切っていたから、無理するなよと話したのですが、とにかく残念でなりません」

【関連記事】
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など
「遠雷」の根岸吉太郎氏、モントリオール映画祭で監督賞
サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」
【追悼】多彩な才能 一気に爆発 栗本薫さん
泉谷、清志郎さんの魂が「目の前ウロウロ」

<爆窃団事件>香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
ノリタケ3億円横領容疑の男「すべて競馬に」(読売新聞)
ラッコ バレンタインに「ハート氷」(毎日新聞)
官邸主導人事、検察や宮内庁は除外…改正案(読売新聞)
証券取引法違反 経常益62億円水増し…2容疑者を逮捕(毎日新聞)

橋下知事「命かけ伊丹空港に反対。国交相は理念ない」(産経新聞)

 大阪(伊丹)空港の廃止を訴える大阪府の橋下徹知事は8日、国土交通省の成長戦略会議で、伊丹で国際線を復活するなどの案が持ち上がっていることに対し、「命をかけてでも反対する」との姿勢を示した。

 前原誠司国交相の「伊丹を当面維持する」という発言に対しても、「ダム問題とは異なり空港問題に対しては理念がない」などと非難し、「住宅密集地なのにどうしてか。僕の子供も(伊丹空港がある)豊中には住めない」と騒音問題や危険性を強調した。

 また、成長戦略会議のメンバーに対して「いつも飛行機に乗っている人ばかりだから一度下から見上げたらいい」などと訴え、地元の説得に府は一切協力しないと述べた。

【関連記事】
前原国交相「伊丹は当面使い続ける」
関西財界、関西3空港アンケート 伊丹、神戸も存続を
伊丹空港は「このままでは自然消滅」 橋下知事が地元との意見交換会で」
橋下知事「僕の役割は終わった」 国の案に伊丹廃港反映
支持率83・2% 橋下知事就任2年、大阪府民意識調査

<名古屋ひき逃げ>4人目の男逮捕 危険運転致死容疑(毎日新聞)
石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)
<低額宿泊所運営>「FIS」の3人在宅起訴 所得税法違反(毎日新聞)
参院選にマイナス=石川議員の離党などで民主・平田氏(時事通信)
「落ちない」合格祈願しおり=札幌市〔地域〕(時事通信)

枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)

 鳩山首相が、小沢民主党幹事長と距離を置く枝野幸男・元政調会長を行政刷新相に起用したことで、党内では首相が徐々に「小沢離れ」を進めようとしているとの見方が出ている。

 起訴された石川知裕衆院議員が離党する意向を固めたことも、「政治とカネ」の問題で傷ついた政権のイメージを回復させようとする首相にとって好材料との指摘もある。

 枝野氏は、昨年3月に西松建設の違法献金事件が発覚して以降、たびたび小沢氏の進退に言及してきた。昨年5月、小沢氏らが支援した首相と岡田外相が争った党代表選では岡田氏を支持した。首相には枝野氏起用により、挙党態勢や政権立て直しを印象づける狙いがあるようだ。

 首相は最近、小沢氏との8日の会談について「『頑張ってください』という言葉は使ってない」と小沢氏の説明を否定。小沢氏の秘書を務めた石川被告の進退についても、党による処分の可能性に言及するなど、小沢氏と一定の距離を置こうとしているとも受け取れる発言をしている。

 枝野氏は1996年の旧民主党結党メンバーの一人で、党内では「旧民主党出身者は清新で政策通のイメージがある人材が多い。首相は枝野氏や仙谷国家戦略相を看板に参院選に臨む考えだ」との見方が出ている。 一方、石川被告の進退問題では、石川被告が自ら離党を選択することで「首相は面目を保った」との声が出ている。

 ただこれで世論や党内外の批判を回避できるかどうかは不透明だ。民主党は逮捕、起訴された議員について離党届を受理せず、除籍処分とするなど厳しい対応を取ることが多かった。「自発的離党では党の意思を示したことにならない」と指摘する向きもあり、首相や小沢氏の対応によっては混乱が長引く可能性もある。

広島県沖の無人島、1億1万円で落札か(読売新聞)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
小沢氏不起訴=幹事長続投へ-石川議員ら3人起訴・陸山会事件・東京地検(時事通信)
<水俣病>関東移住の46人に疑い 東京で検診(毎日新聞)
小学生は科学用語の要点が苦手(産経新聞)

「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)

 大相撲の横綱朝青龍が「暴行事件」の責任を取る形で引退を表明した。スポーツ紙やテレビ、ネットでは相撲界引退は当然だとし、バッシングが相次いでいる。しかし、それでも朝青龍の引退に異議を唱えたり、「被害者だ」として擁護したりする人も少なくない。例えば、樂天の三木谷浩史社長は、「結論ありきで引退を拙速に進めすぎた」と相撲協会批判とも取れるつぶやきを「ツイッター」で発信している。

 とにかく朝青龍はトラブルまみれで、これほど横綱としての「品格」を問われ続けた力士はいなかった。夏巡業を休場してモンゴルでサッカーに興じ、出稽古ではプロレスまがいの技をかけて、けがを負わせる。土俵では対戦力士のまげを掴み横綱初の反則負け。ガッツポーズや睨み合いなどで何度も厳重注意を受けた。報道陣に対しても「死ね! このヤロー!」と言ったという騒動も起こした。その度に「引退」「解雇」などの文字が躍った。

■「やんちゃをマネージメントできない日本はダメになる」

 しかし、誰もが朝青龍を嫌い、引退を喜んでいるわけでもない。擁護したり、同情したり、引退を惜んだりする人もいる。

 樂天の三木谷社長は10年2月5日に「ツイッター」で、

  「どんな人間が彼を引退に追い込んだか、みなさんもそれを考えて欲しい」

とつぶやいた。暴行事件が起こった経緯と事情をしっかりと調査しなければならないのに、今回は結論ありきで「引退」を拙速に進めすぎた。ジョンマッケンローを追放しなかったウィンブルドンの例もあり、もう少し優しさと寛大さがあれば、違った結果になったというのである。

  「ああいうやんちゃをうまくマネージできないと日本は駄目になる」

とつぶやいている。

 ホリエモンこと堀江貴文さんは10年2月5日付けのブログで、朝青龍が引退し相撲も寂しくなる、と書いた。そして、日本人力士のヒーローがほしいと言う人に、

  「他の国からきてくれた横綱をみんなでよってたかって虐めるような相撲界に自分から入っていこうなんて思う奴がどれくらいいるだろうかね?」

と疑問を投げかけた。完全無欠の品行方正を求められても面倒くさくてやってられない、と思うのが普通で「報道する側や相撲関係者も、素行の悪さをある程度見許してやらないと、いつまでたっても つまらんやつしか相撲界には入っていかないだろうな」と感想を述べている。

■「昔の力士やプロレスラーはもっと暴れん坊」

 タレントの杏野はるなさんも10年2月5日付けのブログで、朝青龍が起こした事件について、

  「アントニオ猪木さんのビンタくらい光栄に思ってしまうかもしれない」

と述べ、擁護した。品格は必要だが、豪快なほうがエンタテインメントとして面白いし、昔の力士やプロレスラーはもっと暴れん坊で、女性関係やお酒等に関してもそうだったと聞いている、とし

  「不況の時代は誰かを叩くことで自分の安心を得れるのだろうかなあ」

と嘆く。

 デーモン小暮閣下さんはブログで、「実に残念な結果になった」と書いた。これだけのスター選手が、体力気力の限界とは別の理由で引退しなければならない、という理由からだ。外国人力士には日本の文化や美徳を今以上に重きを置いて叩き込む必要があり、朝青龍はそれを深く理解できないまま番付が上がってしまった。「減俸」と「執行猶予つき引退勧告」処分が適当だというのだ。

  「身近に暴走を諌める人がいなかった朝青龍は ある意味かわいそうな存在(被害者)であったとも言える」

と結んでいる。

 女優の杉田かおるさんはブログで、朝青龍と初めて会ったのが10年前で、高砂部屋でちゃんこ鍋を作ってもらってからずっと応援してきた、と明かした。今回の引退は相当ショックだったようで、

  「素晴らしい力士です !!  淋しくて多分一生もう相撲は観ないかもしれない しょぼん」

と書いている。ただし、このブログ記事は、10年2月5日の昼頃までは存在したのだが、なぜか夕方には削除されていた。


■関連記事
朝青龍が引退表明 協会の温情で解雇は回避? : 2010/02/04
「婚活殺人」被害男性「ブログ」に 「逮捕よかったね」コメント相次ぐ : 2010/02/03
「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか : 2010/01/27
結婚式に「芸能人からのメッセージ」届けます! その正体は… : 2010/01/29
50がらみのボスがハマった「ツイッター」 : 2010/02/05

児童ら運動場に避難、大阪の小学校で火事(産経新聞)
石川議員ら保釈請求、認められる可能性(読売新聞)
<強制わいせつ容疑>警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警(毎日新聞)
<荒瀬ダム>熊本県が撤去方針伝える 水利権再取得は困難(毎日新聞)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)

石川知裕議員 近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員は9日夜、党幹部に電話し、離党する意向を伝えた。近く小沢氏と会い、最終判断するとみられる。

 石川議員は9日、地元の北海道帯広市で記者会見し、その時点での離党や議員辞職を否定し、今後の対応は「自分自身で判断したい」と含みを残していた。事件の影響で内閣支持率は低落傾向にあり、党内では離党を求める声が強まっている。別の党幹部は「本人が離党の意思を伝えれば、小沢氏は止めないだろう」と語った。

【関連ニュース】
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」

日本中の患者を“中医協委員”に(医療介護CBニュース)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
北方領土返還 「一番大きな思いだ」 首相ら全国大会に参加(産経新聞)
<原子力保安院>3原発を厳重注意 排水管の誤接続で放出(毎日新聞)
「寒ブリ」不漁、水揚げ10分の1…富山湾(読売新聞)

「身引くことも含め、小沢氏はけじめを」…枝野氏(読売新聞)

 民主党の枝野幸男・元政調会長は8日朝、さいたま市での街頭演説で、小沢幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「小沢氏自らあらゆることを公開し、国民の信頼を取り戻す必要がある。それができないなら、身を引くことも含めてけじめを付けることが必要だ」と述べ、国民の理解が得られない場合には幹事長を辞任するよう求めた。

 枝野氏は、読売新聞社の全国世論調査などで幹事長辞任を求める人が7割超に上ったことについて、「大方の国民が小沢氏の説明を納得していない厳然たる客観的な数字が出ている」と指摘した。

 鳩山首相は8日午前の衆院予算委員会で、小沢氏の責任について、「自身の秘書が逮捕され、その責任を感じていると思う。当然、責任はあると思う」と語った。

【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価(医療介護CBニュース)
外相の「継続使用」発言批判=普天間移設、首相と不一致-社、国(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏「責任論」区切り図る(毎日新聞)
<さっぽろ雪まつり>大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)

労働安全衛生法違反容疑で2業者書類送検(産経新聞)

 大田労働基準監督署は4日、労働安全衛生法違反の疑いで、荷役業「中村荷役」(大田区)と、同社の事業部次長の男(47)を書類送検した。

 同署によると、事業部次長は平成21年7月30日、大田区の港に係留中の船の冷凍倉庫で、男性作業員=当時(58)=が天井クレーンと積み荷の間に挟まれて死亡する事故が起きた際、事故を予防するための監視人を現場に配置しなかった疑いが持たれている。

 また、品川労働基準監督署は4日、建設業「三和重機」(江戸川区)と、同社のクレーン運転士の男(36)を同容疑で書類送検した。

 同署によると、男は21年7月10日、目黒区の小学校の耐震工事現場で、クレーンで最大荷重(3・14トン)を超える約3・7トンの鉄製のかごをつり上げる作業を行った疑いが持たれている。作業中にクレーンのアームが折れる事故が起きたが、けが人はなかった。

節分万灯籠 ろうそくに無病息災の願い込め 春日大社(毎日新聞)
「小沢法案」暗雲…国会改革、永住外国人選挙権(読売新聞)
<大雪と強風>北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)
朝青龍引退の号外、驚きの声(読売新聞)
<衆院予算委>鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」(毎日新聞)

<開府400年>名古屋テーマに創作講談(毎日新聞)

 名古屋市瑞穂区の同市博物館で開催中の開府400年記念特別展「名古屋400年のあゆみ」(同博物館、毎日新聞社主催)で6日、講談師の古池鱗林(りんりん)さん(36)が、名古屋を題材にした創作講談を披露した。

 信長、秀吉、家康を扱った「名古屋三英傑物語」など2席。名古屋市で生まれ育った鱗林さんは軽妙な名古屋弁を交えながら演じ、約150人の観客は大笑いだった。

 鱗林さんは古池真由美さんの名でラジオリポーターなどをこなすタレント。上方講談師の旭堂南鱗さんに師事し、昨春に講談師デビューした。創作講談を4本作ったが、いずれも名古屋が舞台という。

 「これからも地元が舞台の講談を作りたい」と話す。【黒尾透】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:名古屋弁:河村市長や文化人ら、普及に討論会 「ござった」「なも」飛び交う
注目DVD紹介:「ウルトラミラクルラブストーリー」 松ケンが全編津軽弁で無垢な青年に
創作意欲に燃えた高校時代=漫画家・田代しんたろうさん
津軽弁の日in東京 /青森
都会の津軽弁 /青森

滞納給食費、子ども手当から充当=鳩山首相が検討表明(時事通信)
バイク販売めぐりトラブル 集団暴行容疑で少年4人逮捕(産経新聞)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)
「必要生じれば説明を」=小沢氏問題で鳩山首相(時事通信)
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止-成田(時事通信)

代表質問の首相答弁要旨 納税者番号「1年以内に結論」(産経新聞)

 【小沢一郎幹事長の責任】

 小沢氏は今後さらに説明責任を果たすと期待する。政治家としての判断は小沢氏自身にある。石川(知裕)議員はいまだ検察の処分も決まらず、小沢氏は立件の容疑事実があるのか否かも明らかでない。その段階で政府・党の自浄能力を声高に叫ぶことは適切でない。

 【小沢氏の闇献金疑惑】

 公共事業をめぐる報道は真偽が解明されているわけではない。行政の長として申し上げる段階ではない。

 【普天間飛行場移設】

 沖縄県民、米国、連立政権合意を勘案して5月末までに具体的な移設先を決める。普天間の一日も早い返還の実現には代替施設なき返還は現実的に不可能だ。

 【選択的夫婦別姓】

 平成8年に法制審議会が民法改正案の要綱を決め、法相に答申した。これを踏まえ法務省で改正案が検討されている。

 【国旗・国歌】

 入学式などで国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう指導している。おおむねすべての公立学校で実施され、指導はほぼ定着している。

 【対北朝鮮】

 貨物検査を的確に行う関連法案の早期成立を目指す。拉致問題は一日も早く解決しなければならない。

 【納税者番号】

 社会保障制度の効率化、所得把握の精度を高めるために必要不可欠なインフラだ。1年以内に早急に検討を進め、結論を出したい。

 【マニフェスト】

 4年間で見直すが、22年度予算案成立後に考えたい。必要な財源をなんとしても確保する。

                   ◇

 質問者は参院が谷川秀善(自民)、輿石東(民主)両氏。衆院は井上義久(公明)、志位和夫(共産)、重野安正(社民)、渡辺喜美(みんな)の各氏。

前副知事、一任受け便宜か=高齢者医療運営の団体設立で-福岡県警(時事通信)
<衆院予算委>公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
民主高嶋氏、石川議員の処分「今は考えず」(産経新聞)
<異物混入>おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで(毎日新聞)
首相動静(1月28日)(時事通信)

母親死亡、遺体を自宅に半年間放置…息子逮捕(読売新聞)

 母親の遺体を自宅に約半年間放置したとして、長野県警諏訪署は4日、住所不定、会社員古市輝雄容疑者(66)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表によると、古市容疑者は昨年8月頃、長野県諏訪市上諏訪にある母しづ江さん(93)の自宅で、しづ江さんが死亡しているのに気付いたのに放置した疑い。古市容疑者は容疑を認めているという。

 古市容疑者は、しづ江さんと2人暮らしをしていたが、現在は家を出ていた。遺体に目立った外傷はなく、同署は5日にも司法解剖して死因を調べる。

 4日昼頃、近所の人が、「昨年10月頃から、古市さん親子の姿が見えない」と通報。同署員が、1階居間でしづ江さんが死亡しているのを発見した。しづ江さんには布団がかけてあった。

<名古屋ひき逃げ>ブラジル人の携帯 遺棄車内から(毎日新聞)
<皇太子さま>メキシコ交流展式典に出席(毎日新聞)
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か-静岡県警(時事通信)
国公立大倍率、4.4倍=不景気で5年ぶり高水準-文科省(時事通信)
<タンク爆発>工場長らを書類送検 安全管理不備容疑 愛知(毎日新聞)

熟年離婚イヤ!…愛妻家増殖計画(読売新聞)

 31日は愛妻の日。そのココロは「1・31(アイ・サイ)」……。奥さんを大切にする若い旦那(だんな)さんが増えているようだ。あなたは「愛してる」って言えますか?

 「新婚9年目の大田です」。さいたま市の会社員大田正文さん(34)が差し出したのは、妻順子さん(33)の顔写真を印刷したプライベート用の名刺。「いつも妻を思っている」という気持ちを表したのだとか。

 現在は「超愛妻家」の正文さん。だが結婚5年目の頃には、順子さんが友達と付き合う時間が増えるなど、すれ違い気味に。「これじゃ数年で離婚かも」。焦った正文さんは家庭で仕事の話はやめ、毎日、知人の面白い話やその日の出来事など、「妻に楽しんでもらえる話題」を探した。

 「好きって関係がずっと続いた方がいい」。そんな正文さんに、順子さんも「気持ちが伝わります」とまんざらではなさそうで、週1回、夫の肩をもんで応えている。

          ◆

 これに共感したのが正文さんの友人、神奈川県相模原市、自営業浦上裕生(ひろお)さん(34)。昨年11月、綾さん(31)と結婚したばかり。仕事の都合で平日は別々に暮らす「週末婚」を続けているが、休日は一緒に料理を作り、洗い物も担当。平日も朝晩のメールと電話を欠かさない。「いつも励ましてくれる妻に感謝してます」という。

 「愛妻家を増やそう」と考えた裕生さんと正文さんは妻への感謝を本に託すという企画を出版物取次大手「トーハン」に提案、今月、採用された。同社のサイトで推奨する「奥様に贈ると喜ばれる(可能性が高い)本」を購入すると、「私は、妻というもっとも身近な存在を大切にする愛妻家です」と記された「愛妻家宣言証」がもらえるというもの。

 同社の女性社員らが選んだという推奨本は、若年性アルツハイマー病の夫を支える妻の姿を描いた荻原浩の小説「明日の記憶」など6冊。同社によると、3週間で通常の6倍以上の計約100冊が売れた。

 妻への愛を花に託す人も増えており、「日比谷花壇」(東京)が1月31日に合わせて販売するプレゼント用花束は今年、数百束売れた。2008年のスタート時の10倍以上だという。

          ◆

 群馬県嬬恋村で06年に始まった妻への愛を叫ぶイベントの参加者も、当初の20人から昨年は50人に。同様のイベントは全国10か所以上に広がる。

 横浜市の会社員小菅隆太さん(34)は1年半ほど前、「熟年離婚の原因は子育て後、夫婦の会話がなくなったため」というニュースを聞き、不安になった。妻、里絵さん(34)との会話は娘2人のことばかりで、口げんかも絶えなかった。

 「人前で叫べば、普段から『愛してる』と言えるようになるかも」と考え、嬬恋のイベントに出場。タキシード姿で「一生僕についてきて下さい!」。

 以来、隆太さんは子供の前でも里絵さんに「いつもありがとう。愛してる」と言えるように。里絵さんも「2人で話す時間が増えた」とうれしそうだ。

          ◆

 厚生労働省の人口動態統計によると、同居35年以上の「熟年離婚」の件数は年々増え、07年は過去最高の5507組に。08年も5448組あった。東京女子大の岡村清子教授(社会学)は、「熟年離婚を見て、そうはなりたくないと思う若い世代が増えている。不景気で帰宅が早まり、妻との絆(きずな)を深めようと考える人も多いのでは」と分析する。

 「そこまで妻に気を使う必要があるのか」と思った世の旦那様。ちょっとした感謝の一言でいいんですよ。さもないと……。(石川千佳、バッティー・アイシャ)

<ひな人形作り>埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
裁判員に被告の「温かい」家族写真、結果実刑(読売新聞)
トラックと衝突の乗用車が歩道に、2人死傷(読売新聞)
カラフルなEV“パト”出発! さいたま市(産経新聞)
輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る-新型インフル(時事通信)

検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)

 明石市の花火大会事故で、神戸第2検察審査会は事故当時の明石署副署長について起訴相当と判断した。この結果、元副署長は強制的に起訴され、法廷で刑事責任の有無が審理されることになる。

 「公益の代表者」とされる検察官は、無罪となった場合に起訴された被告の人権侵害が甚大であることを踏まえ、有罪判決を得られる確証を持ち得ない状況での起訴に慎重になる側面があった。しかし、審査会は議決文の冒頭で、検察官の立場に理解を示しながらも、「有罪か無罪か」という従来の検察の立場ではなく、「市民感覚の視点から、公開の裁判で本件の事実関係および責任の所在を明らかに」する立場に立ったと明言している。刑事事件を審理する法廷のあり方にまでかかわるスタンスの違いともいえる。

 戦前の旧刑事訴訟法の時代から、公訴権を独占してきた検察官。裁判員制度の導入とともに公判での立証活動は「精密司法」から「核心司法」へと大きな変化を迫られたが、今回の議決は、市民の司法参加が起訴のありようにも一石を投じたといえるだろう。

 そのうえで、審査会は元副署長の過失の有無について検討。事故当日の対応だけでなく、元副署長も関与した警備計画の策定の段階にまでさかのぼり、過失はあったと結論づけた。事故の原因を現場の警備責任者だった当時の明石署地域官らが対応を誤ったことだと判断し、副署長の起訴を見送ってきた神戸地検の訴因の構成を「理解できない」とまで断じている。

 だが、審査会の判断だけが突出しているわけではない。署幹部の責任については、地域官らを有罪とした平成19年4月の大阪高裁判決も「刑事責任が不問に付されているのは正義に反する」と言及。遺族らによる損害賠償請求訴訟の判決でも触れられており、結果的に神戸地検の判断だけが“浮いた”格好だ。

 しかし、地検が4度、不起訴としただけに、強制起訴後の公判は、検察官役となる弁護士が立証に苦心することも予想される。強制起訴初となる公判だけに行方が注目を集めそうだ。(神戸総局 塩塚夢)

【関連記事】
明石歩道橋事故 指定弁護士が「検察官役」、公判で有罪立証へ
被害者救済? 感情に流される? 「起訴議決」冷静な検証を
明石歩道橋事故 指定弁護士が検察官役、難しい公判か
「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族
明石歩道橋事故 検察官が意見陳述 元副署長の処分 近く議決

<ニュース1週間>小沢幹事長を聴取/経団連次期会長に米倉・住友化学会長(毎日新聞)
<調査捕鯨船妨害>衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局(毎日新聞)
沖縄連絡室を設置=政府(時事通信)
亀井金融相、郵政分社化を「酒鬼薔薇事件」になぞらえ小泉批判(スポーツ報知)
<傷害>男に倒され自転車の女子生徒けが 愛知・岡崎(毎日新聞)

<ひな人形作り>埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)

 埼玉県越谷市の「黒田人形」でひな人形作りが最盛期を迎えている。この道47年の伝統工芸士・黒田広司さん(61)と妻勝美さん(57)が、二人三脚で作り上げる。

 セットの平飾りで15万~23万円と値段は張るが、いずれも世界に一つしかない手作りの品。黒田さんは「妻と結婚以来ずっと一緒にやってきた。どちらが欠けても良い作品はできない」と話す。景気を反映してか、最近は約15~20センチの小ぶりな人形が人気という。【尾籠章裕】

【関連ニュース】
雑記帳:「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田
百貨店:年末だって福袋 集客にあの手この手
「人形巧房ひなや」 /滋賀
ひな人形商戦:早くも始まる 人気は省スペース型 /静岡
作陶展:土のぬくもりで桃・端午の節句 久村さん夫妻、桑名で /三重

大麻譲渡容疑でラッパー逮捕=女子中学生の供給源か-兵庫県警(時事通信)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに-鳥取不審死・県警(時事通信)
「コナン号」ヘッドマーク、鳥取・北栄町に届く(読売新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)

土佐弁で振り込め詐欺、都内で出身者狙う(読売新聞)

 東京を拠点に土佐弁を使って振り込め詐欺を繰り返したとして、高知県警捜査2課と同県内13署の合同捜査本部は28日、昨年5月に逮捕した同県室戸市出身の4被告を、裏付けられた55件(被害総額約7500万円)の詐欺、詐欺未遂容疑で地検に最終送検した、と発表した。

 いずれも無職で、東京都杉並区、坂信行(35)、同中央区、杉本浩文(35)、高知市弥生町、安岡剛(36)、同市薊野北町、花岡正悟(35)の4被告。

 同課によると、4人は室戸市内の同じ中学校出身。2007年9月~09年4月、都内の杉本容疑者が住むマンションを拠点に、電話する、口座から金を引き出すなどと役割を分担し、県内の50~80歳代の男女55人に電話し、息子などになりすまして「酒を飲んでいて女性にけがをさせた。治療費が必要」などの内容のうそを土佐弁で言って金を振り込ませ、総額約7500万円をだまし取った疑い。

 被告らは、ほぼ全県下に及ぶ66件、総額9250万円の犯行を自供したという。

亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明(産経新聞)
ハイチPKO派遣は350人規模 政府方針(産経新聞)
<恐竜>初めて色を特定「中華竜鳥は赤褐色」 中・英チーム(毎日新聞)
車内に缶詰、「疲れ果てた」…新幹線トラブル(読売新聞)
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト(医療介護CBニュース)

各種学校も無償化 高校授業料 法案審議、線引き焦点(産経新聞)

 政府が今国会に提出を予定している高校授業料無償化法案の概要が28日、分かった。学校教育法では「学校」と認定されていない外国人学校を含む「各種学校」も無償化の対象としているのが特徴だ。ただ、具体的な「各種学校」の範囲は法案では明示しておらず、法案成立後に文部科学省が省令で基準を定める。政府は29日にも法案を閣議決定し、4月の施行を目指すが、法案審議では、対象校の線引きが議論になりそうだ。

 法案では、無償化の対象を「高等学校等」とし、高校や中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部、高等専門学校、各種学校などをその範囲とした。各種学校については「高等学校の課程に類する課程をおくものとして、文科省令で定めるもの」と定義した。

 このほか、私立高校の実質無料化のために生徒に対して支給される「就学支援金」について、受給の際には都道府県知事からの「認定」が必要と定めた。

 平成22年度予算案には高校無償化のための予算として3933億円が計上されている。無償化の対象となる「各種学校」として、朝鮮学校やインターナショナルスクールなどの外国人学校も含む予算規模となっている。

 川端達夫文科相は昨年11月の参院文教科学委員会で、外国人学校の無償化の範囲について「修業年限、授業時間数等を中心に一定の基準を満たすものについても念頭に置いて検討したい」と答弁しただけで、具体的な判断基準は明示していない。

 政府内では無償化の対象について、「『各種学校』の対象校が受給生徒に代わって支援金を受領するため、対象校の教育内容や財務の健全性も材料にすべきだ」との意見も出ている。 

小沢氏聴取、土地代原資の不自然説明追及へ(読売新聞)
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
「オーシャンズ11」あこがれ、16歳窃盗団(読売新聞)
「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」(時事通信)
プロフィール

ミスターやすおふくい

Author:ミスターやすおふくい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。